からだ に必要な大切なこと

まずは「からだ」を知る事。 

 紙の上の勉強じゃなく、自分自身の「からだ」を通して学びます。
 程度の差こそあれ、どんな仕事も「からだ」を使ってします。仕事をより良く効率的にするには、「からだ」を知る事が必須。まず「からだ」はどうなっているか、形、構造、どんな風に動かせるのかなど自然に体験的に学びます。


長年の癖や怪我で歪んだ「からだ」をリセット。

 人の「からだ」は普段している事がし易い様に変わって行きます。筋肉が硬くなったり、広がってしまったり、ずれたり。怪我をした時はそれを癒す為に、その部分が動かない様にその周りを結合組織で固めて守りますが、治ってもそのまま固まっている事があります。
 そういう、からだの筋肉や筋膜など柔らかい部分の偏りが、制約となって自由な動きやより良い動きの習得を妨げています。まずは、それを出来るだけもとに戻して、リセットしてやります。

(主に、ロルフ博士の身体構造統合法)


より良い使い方を身につける。

 どんな風に使えるか、どう使うと効率的で無駄が無いか、痛まない為にはどうするか、そんな事を Somatic Education では、とっても効率的に、自分自身のからだを題材に、主体的に学びます。
 自分にとって良いやり方を、「からだ」に聞きながら、先生の助けを借りながら、効率よく試行錯誤して自分で見つけて行きます。

(主に、フェルデンクライス メソッド)


どう「からだ」を使っているか? 癖を知ること。

 実は、猫背や反り腰などの姿勢も含めた"「からだ」の使い方の癖''が問題を引き起こしていることが圧倒的に多いのです。そして、「からだ」の形も筋肉のつき方も、使い方で変わって行きます。
 人の事は良く分かっても、自分の癖はなかなか判りづらいものです。ても、それに気づかなければ、「何でだろ?」と悩んでばかりで、解決に繋がりません。いくら、整体や病院に行っても、自分で日々悪くしてたら、良くなりようがないですよね。
 Somatic Education はそれがとっても大切だと知っています。どのレッスンでも、感受性を高めて、自分自身により頻繁により深く気づける様に手伝います。

(主に、アレキサンダー テクニーク)